ヨーロッパ・南アメリカをわかりやすく説明(地理④)

地理好きの大学生が地理のクイズを作ってみました。

7問ずつ出題し、 読み込みするたびに異なるクイズが出題されます。今回は全部で20問あります。

間違いのないように注意はしていますが、万が一あった場合は、下のコメント欄でご指摘をお願いします。

北アイルランドは、イギリスの一部であるがイギリス本島とは離れておりアイルランドに接している。
①から④において、
アイルランドにおいて主に信仰されているのは、
新期造山帯で採取されるものとして、最も適当なものは?
①から⑤のうち、ラプラタ川のエスチュアリー(三角江)がみられるのは、
北アイルランドにおいて、イギリス系住民が主に信仰しているのは、
パンパの特徴は、
地理選択問題④
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

ヨーロッパ・南アメリカ多め編

今回は初めて画像付きの問題を作ってみました。やっぱり地理の問題には画像は必要ですよね。文章だけだと「表しにくいな」と思うことが多いですし、あったほうがわかりやすくて覚えやすいですよね。なお、画像はフリー素材を使用しております。

ちなみに今回の一番上の画像は子供が上に立てることで有名なオオオニバスでした。南アメリカ大陸の国々の中には自生しているところもいくつかあるみたいです。

今回の問題について、整理して覚えたいと思っている人のために部分的にまとめたものを作ってみました。必要な人はぜひノート等にまとめなおして使ってください。

地域

安定陸塊鉄鉱石
古期造山帯石炭
新期造山帯石油

ほかにも安定陸塊では金鉱、新期造山帯では銀鉱銅鉱が採取できます。ただ、それぞれがその地域で必ずしも取れるというわけではありません(ん、矛盾してる?)。鉱物等がよくとれる国は問題で出てくることがあるので後々載せたいと思います。

イギリス・アイルランド

イギリスプロテスタント
アイルランドカトリック

北アイルランドの住民は、イギリス系かアイルランド系かで異なります。

北アイルランドの帰属について問う問題は文脈や画像から正誤がわかるかもしれませんが、ちゃんと理解してもらいたかったので載せました。そこでは以前、宗教の問題により紛争が発生していました(北アイルランド問題/紛争)。

問題でもイギリスやアイルランドの宗派はもちろん北アイルランドの住民の宗派も問われることがあります。

南アメリカ

リャノベネズエラのオリノコ川流域からコロンビアに広がる熱帯草原
セルバアマゾン盆地に広がる熱帯雨林
カンポブラジル高原に広がる熱帯草原
パンパアルゼンチンのラプラタ川流域に広がる温帯草原

南アメリカの問題は頻出の問題ばかりです。特に地図で示しているものは場所も要チェックです。

必要な人のために南アメリカの白地図のリンクも載せときます。

https://www.freemap.jp/item/south_america/southAmerica.html

ちなみにギアナ高地の景色は壮観です。著作権を調べるのが大変なので載せませんが気になる人はぜひ調べてみてください。イメージはこんな感じです。いつか見に行ってみたいな。

次の記事

東南アジアをわかりやすく説明(地理⑤)

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。